インプラントの治療後はしっかり噛めることができ快適ですが、定期的な検診と、日々のケアが大切になります。

保険診療とインプラントの施術費の違い
保険診療とインプラントの施術費の違い

インプラントの治療方法と注意点

歯科で行われているインプラントは、まず、歯茎を切り人口的な歯の根となるものをあごの骨の部分に埋め込みます。そして、その上に人口歯を取り付けていく治療法です。歯の根となるものは人口歯根と呼ばれていて、金属やチタンでできています。治療後は、口を開けた状態からは金属やチタンは見えず、他の健康な歯と違和感なく歯がそろっている状態になります。インプラントをしていると言わない限りわかりません。

インプラントの最も良い点は、しっかりと噛むことができるということです。今までの入れ歯や差し歯などの治療法では、強く噛めなかったり、浮いた状態になったり、食べ物が挟まるなど、噛むことに対して問題が発生することがありました。その点、インプラントは、あごの骨に人口歯を固定するので口の中で動くことはありません。噛む力は、天然歯の8割まで回復するといわれているので、固いものも無理なく強い力で噛むことが可能です。

ただ、インプラントの治療において注意しておくべきことがあります。まず、治療費です。インプラントの治療は自由診療なので、全て自己負担になります。それぞれの歯科で違いはありますが、大体1本につき30万円前後かかることが多いようです。もう1つは、インプラントの治療を行った後は、歯科での定期的な検診と、毎日のきちんとしたケアが必要になってきます。ブラッシング方法に問題がないか、歯科でチェックしてもらうことも大切です。

関連サイト情報