インプラントの治療はリスクがあります。このリスクをしっかり理解したうえで治療に踏み切って欲しいです。

保険診療とインプラントの施術費の違い
保険診療とインプラントの施術費の違い

インプラントの治療についてリスクなど

インプラントの治療は個人差がありますが、大体の手術が2時間程度でお終わるところが多いみたいです。インプラントは骨にねじを埋め込む必要がありますが、この骨がない人はまず骨を作る手術からする必要があります。この場合は手術の費用も跳ね上がります。数百万円かかることもあるみたいです。その他にねじを埋め込んだらその上にかぶせものをするので、そのかぶせものの料金と別にねじの手術代がかかります。インプラントの治療は難しいので、インプラントの手術自体が成功しても、その後に歯や骨が痛いという人も出てくる可能性もあります。また手術が失敗していまうと大変なことになってしまいます。顔が麻痺したり、口の開閉が出来なくなったりと、重大な後遺症に悩まされる人も少なくありません。

インプラントの治療は簡単に気が向いたからといって受けるような治療ではありません。インプラントは確かに咬合もしっかりできますし見た目も審美的です。自分の歯を削る必要もありません。しかし手術が失敗してしまったらと考えると恐ろしいです。逆にいえば腕のしっかりしている信頼のできる歯科医師に手術をしてもらうことで、快適なインプラント生活を送ることができると思います。インプラントはインプラントにした後も、年に数回メンテナンスが必要なので、歯科医院に通う必要があります。このようなことを全て考えたうえで、インプラントの手術をするか決めて欲しいと思います。

関連サイト情報