失った歯の治療について、インプラントにより歯を取り戻す治療のメリット・デメリットについて説明した。

保険診療とインプラントの施術費の違い
保険診療とインプラントの施術費の違い

インプラントによる治療で歯を取り戻す

私たちの歯の一番重要な働きは、食べ物を噛むことですが、それ以外に前歯であれば、見た目つまり審美的な要素もあります。また噛むことで、その刺激が脳へ伝わり、脳の活性化の役割もはたします。では事故や虫歯、歯槽膿漏などで自分の歯を失った場合、そのまま放置しておくとどんな影響があるのでしょうか。歯を失うと、残った歯に負担がかかり、全体の歯のかみ合わせのバランスが崩れ、噛む力が弱まるだけでなく、体力の衰えにもつながりかねません。そうならないためにも、失った歯の治療は必要不可欠です。治療として、まずブリッジや入れ歯を考える人が多いと思いますが、最近はインプラントによる治療で、失った歯を取り戻す人も多くなっています。

インプラントによる治療の利点は、まるで自分の本来の歯と同じように、硬い食べ物もよく噛めることです。また前歯をインプラントにすれば、見た目が美しい事です。ブリッジや入れ歯と違い、周りの歯を傷めることなく治療できます。歯がなくなると顎の骨が痩せてきて、顔の輪郭に影響を及ぼすことがありますが、インプラントでは顎の骨が痩せてくることもありません。またブリッジや入れ歯は、長く使っているうちに合わなくなって、また作り直さなければいけなくなったりします。もちろんメリットもあればデメリットもあります。まず外科手術が必要で、もし手術に影響を及ぼすような病気があればできないこともあります。また健康保険の適用外なので費用がかかります。メリット・デメリットをよく考えて、インプラントの治療を受けることを決めてください。

関連サイト情報