インプラントを受けて歯も良くなり、当時は辛かったですが結果としてタバコもやめられ最高の治療になりました。

保険診療とインプラントの施術費の違い
保険診療とインプラントの施術費の違い

インプラントの治療を受けて良かったこと、辛かったこと

インプラントの治療を受けてから10年になります。10年たった今も全く問題なく機能しているので、「インプラントは半永久」と言われているのは本当だなぁと納得しています。10年も前なので、インプラントついて全く知りませんでした。先生から治療について説明を受けた時は、歯に穴を開けるなんて…金属を埋め込むなんて…と恐怖しかありませんでした。しかし、治療は全く問題なく終わっていました。私は手術よりも、初めてインプラントについての説明を受けた時の恐怖の方が印象に残っています。10年も経つと、インプラントが自分の歯になったような感じがしています。インプラントにして一番うれしかったのは、固いものでも歯のことを気にせず食べられるようになったことです。治療前は、噛み切れないものや固いものなどは、自然と控えるようになっていました。大好きなホルモンも、うまく噛めないことが原因で食べなくなりました。今思えば、食べ物をよく噛んで食べていなかったのではないかと思ってしまいます。今は何でもよく噛んで食べています。食べることが楽しくなりましたし、美味しく食べられるようにもなりました。

インプラントの治療において大変だったこともあります。インプラント手術自体は、眠っている間に終わってしまったような感じで、全く問題ありませんでした。(実際は2時間くらいの手術だったのですが、数分で終わったような感覚です。)ただ、タバコを控えるのが辛かったです。病院によって、タバコに関する指導は違うようですが、私の治療した歯科医院では、タバコは全くダメと言われたので、つらかったですがやめました。今となっては、結果としてやめられたのだから良かったと思っていますが、その当時は本当につらかったです。

関連サイト情報